人間力、ください。

今年22歳女が書くドロっとしたブログです。

転職先が決まりました。私は親友が妬ましいです。

私には高校からの大好きな親友がいます。

f:id:onna20dai:20170223124953j:plain

 

大好きで、自慢の親友です。大学生で美人で、彼氏がいて……あぁ……めんどくさいので箇条書き。親友の説明。

  • 大学生
  • 美人、背が高い
  • 頭が良い、要領が良い、しっかりしている
  • 家がお金持ち
  • 自分の考えをはっきり持って、はっきりした物言い
  • けど他人の意見も聞いた上で考えるタイプ
  • 元運動部キャプテン
  • 料理は苦手 etc……

すげぇ。完璧じゃないですか。料理が苦手なとこがPOINT。欠点があるってのがイイんです。

じゃ、ついでに私のことについて

  • 転職中社会人(前職は色々あって一年満たずで心身共にリタイア)昨日新しい職場決まりました
  • 二年制の専門卒(バイト代で泣きながら行きました)
  • 表面の性格と見た目は取り繕ってます
  • 母子家庭

 

この親友。本当に仲良くしてもらってます。私も親友と思っている。向こうも思ってくれてると思う。でなけりゃ二日に一回はLINEで話しかけられないだろうし、多いときには週に一回「会おう」と言われないはず。

その子はとても奇麗な子なんです。心身共々。まさに『裏表ない性格』。父と母と買い物にでて、仲良く喧嘩をして、毎日どんな事があったか会話して、時には昔の事を思い出して会話して。理想の家族。友達、後輩も多く、勉学に対してもとても前向きで辛いといいながら努力を惜しみません。でも遊びも適度に。そこからまた色々な人と新しい会話が増えます。日々の会話から「あぁ……『上に立つ人間』というのは、こういう人の事をいうんだな」って思います。特に最近。

 

ー  自分と世界が、違いすぎる。ー

 

高校時代から感じていた事です。自分の家庭環境というものは、珍しくはないのですがそこそこごたごたしていて。父親、父方祖父母とまともに会話、食事はした事がありませんでした。しても空気はいい感じに冷えきってました。誕生日はいいとして、名前を忘れられた時は少し驚いたかな。親戚は父母方共に金銭に関しての執着が強い人達が多く、小学生(ちなみに私)がいようが目の前で遺産問題で怒鳴り合いしてました。懐かしいね。まぁ、他にもいろいろ。話し始めたらちょっと長くなるので切ります。

 

言ってしまえば自分は人間の『ドロドロ』というのを結構見てきたつもりです。そのためか、会話している相手の考えている事とかを常に探ろうとする癖がつきました。人と話したり交流を持つのは楽しいです。好きです。大切だと思ってます。相手が笑うととてもハッピーになります。大好きLove & Peace。けどその反面、『誰かと会話』する事がどうしても怖いんですよね。常に頭の中をフル回転させて言葉を選んで、相手が怒らないかな? 不快じゃないかな? って様子を見ながら。そんな風に話しているのでよく「ん?どういう意味?」って聞かれます。絶望。

対して彼女は物言いがはっきりしているため完結。相手の事を(良い意味で)考えすぎない。頭が良いため順序も良く分かりやすい。けれど自分を押しすぎず、きちんと相手の意見も取り込む。自己表現がまっすぐです。

度々何とも言えない感情に襲われます。幼少時から「きっと家庭環境が今後の自分に関わってくるだろうな。よし、とりつくろう。頑張れる頑張れる。いけるいける」とは思っていました。しかし、彼女と共にいると違いが浮き彫りになるのです。何に関しても自分を表面的に取り繕い崩さないようにしている自分と、どこまでもまっすぐな彼女。彼女含め、周りはよく私に「常識ある、皆の意見を平等に聞き入れる、努力家な人」と言います。当たり前でしょう。必死こいてそう取り繕ってんだから。必死なんだよ。毎日。必死こかないといけないんだよ。憤怒。

 

そんな一生懸命『取り繕っているもの』を今度は転職先の企業でばりばり使います。私の性格的に『新しい環境』だと自然に使ってしまうのです。

 

例えば映画の話になった時とか「あ、私も見ましたよぉ〜『君の名は。』!! 映像とっても奇麗ですよね!!」なんて、賛否両論なストーリーには全く触れない当たり障りの無いコメントをするんです。周りの目を気にして。彼女はどうでしょうかね。きっと「自分はアニメ慣れしているのでストーリーにもう一押し欲しいなって思いました」ってはっきり言うんだと思います。そんな違いが私と彼女にはあります。そして私の『取り繕っているもの』はいつか、きっと、ぼろがでるんです。それが一番怖い。強さと弱さを取り繕う無く表に出す彼女とは違い、自分は表面と内状に大きなムラがあります。ぼろなんて出始めたらあっという間でしょう。

私は彼女を心底尊敬していて、大好きで、こんな自分と付き合ってくれている事に感謝しています。本当に素直で、頭が良くて、強くて、女性らしいもろさがあって、それを分ける事無く体現するきれいな彼女。大好きで、とても大好きで、そして心底妬ましく思います。

 

いままで自分なりに努力と苦労を重ねて『今』を作ってきました。この道を渡ったからこそ知ることもあった。後悔はしていないです。

彼女も彼女なりに色々と努力と苦労を重ねて『今』があると思います。

ただその努力の『場所』と『ベクトル』が大きく違いすぎました。それが人間性の出来上がりを大きく左右しました。彼女はきっと私のこの『再就職先に対する(ぼろが出る)怯え』はきっと理解できないでしょう。理解すべきではないとは思います。

こんな風に彼女と会うたびに『私と彼女の相違点』を見つけては色々と考えていくと思います。

 

『さすがだな、すごいな。妬ましいな』って思いながら。

 

 

 

 

余談ですがこの記事、スターバックスさんでMACを開いて優雅に書いてます。

真っ白いワイシャツにブラックの上着とパンツ、たっかいヒールを履いて。化粧もばっちり決めて。大降りの金のイヤリングとスマートなネックレスを付けて。

いかにもイケイケなねーちゃん。これが『取り繕い』です。




頑張らなくてはね。

あいさつ

皆様初めまして。

このようなブログを開いて頂き、有り難うございます。

こちらのブログは

・20代(前半)女 が

・この20年間で得たドロッとした感情や考え を

・思うがままに淡々と語る

ブログです。

閲覧、ご注意下さいね。

ほぼほぼ個人の考えを整理していく用に近いです。